二の腕のブツブツが悩みなら改善策を練ろう

ウーマン

丁寧なケアで改善できる

お尻

毎日適切なケアを続けよう

ニキビといえば顔にできるものというイメージがありますが、ボディのさまざまな箇所にできると言われています。たとえば、お尻にもニキビはできます。お尻は衣服でムレることが多い上、長時間座ることで圧迫され、それが刺激になって角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。放置しておくと治りにくい箇所でもありますので、毎日のケアでしっかり改善しましょう。お尻のニキビを改善したいときは、まず毛穴をふさぐ古い角質や余分な皮脂をすっきりと取り除くことが大切です。湯船に浸かって皮膚をやわらかくしてから、スクラブが含まれているボディソープで濡れたお尻を丁寧に洗います。皮膚に負担をかけないようにやさしく洗い、古い角質と皮脂を取り除きましょう。ボディソープが残っているとそれがニキビの原因になってしまいますので、ぬるま湯できちんと洗い流すことも忘れてはいけません。きれいに洗い流した後は水気を拭き取って、お肌が乾燥しないようにボディローションで保湿をしてお手入れは完了です。ちなみに、保湿をするローションはアクネ菌を殺菌できるニキビ肌用の製品を使うと、よりしっかりお尻のニキビを改善できます。さらに、ビタミンC誘導体が配合されている保湿クリームや乳液を使うことで、赤いニキビ跡を残すことなく、きれいに改善できますので頭に入れておくとよいでしょう。また、お尻のニキビを防ぐため、そして悪化させないために、綿100パーセントで汗を吸収しやすく、通気性のよい下着を選ぶと安心です。